2014年新春のエントランスホール展示“コウノトリとトキ”

コウノトリとトキ、安心で安全な環境づくりのシンボルとして各地で活躍しています。

nestsite

 

どこに巣を造る?(1階入口に展示してます)

身近な鳥がどんなところに巣づくりしているのか、その“わけ”も紹介しました。

nestsite
樹洞営巣と樹上営巣、どっちが有利?

plover
コチドリの巣と擬傷行動を紹介

 

2013年 恒例の正月展示

 玄関展示に「瑞鳥!」が現れました。新年をおめでたい鳥でお出迎えます  

コウノトリ


トキ

調べてみよう!

 玄関展示に「調べてみよう!」シリーズを展示しました。手賀沼に集う大きなサギ、小さなサギです。身近な鳥の生活を調べて見よう。  

手賀沼で魚を獲るサギ、大きなサギのアオサギ、小さなサギのヨシゴイ


サギの大・中・小 ダイサギ、チュウサギ、コサギ

 玄関展示に「調べてみよう!」シリーズを展示しました。1つは手賀沼の水面に集う、オオバン・カイツブリ・バン。身近な鳥の生活を調べて見よう。  

手賀沼の水面をスイスイ泳いでいる鳥たち オオバン・カイツブリ・バン


手賀沼で話題のヨシゴイやオオヨシキリなどヨシ原を利用する鳥たち

 玄関展示に「調べてみよう!」シリーズを展示しました。1つはウグイスのさえずり前線、もう一つはツバメの北上前線です。身近な鳥の生活を調べて見よう。  

ウグイスのさえずり前線 ー今年の初鳴きはいつ聞かれましたか?ー


ツバメの北上前線 ー今年の初姿はいつ見られました?ー

瑞鳥展示

 2階多目的ホールに「瑞鳥(ずいちょう)」(めでたいことの起こる前兆とされる鳥)タンチョウとコウノトリを展示いたしました。


連鶴の世界

 玄関展示に連鶴を展示しました。折り紙で鶴を折るのですがその鶴が連なっているのです。ですから連鶴なのです。とっても雅な世界ですね。正月を前にいろいろな連鶴をご覧になって下さい。それぞれの連鶴には名前があります。お正月の5日からは博物館2階多目的ホールで連鶴が折れます。


鳥の骨格展示 各部分の名称を覚えましょう

 玄関展示に鳥の全身骨格を展示しました。サギやカモ、タカなどの骨格を見ることができます。骨の各部位の名称を覚えてみませんか?


世界の鳥コーナー3Fにヤンバルクイナを展示

 沖縄島の固有種「ヤンバルクイナ」の標本を展示しました。ヤンバルクイナは1981年に山階鳥類研究所によって新種として発表されました。沖縄島北部だけに見られる飛べない鳥です。近年、マングースや野ネコによる補食や生息環境の破壊などにより、絶滅が心配されています。現在、さまざまな方法でヤンバルクイナを絶滅から守る取り組みが行われています。この貴重な鳥「ヤンバルクイナ」を見に来ませんか。



夏は野鳥観察に不向き?

 これまで過去7年間の「てがたん:手賀沼定例探鳥会」で約90種の野鳥が観察されました。冬は冬鳥が多く、夏には鳥が少ない手賀沼周辺の特徴を玄関脇に展示いたしました。どうぞご覧下さい。

 

絶滅した鳥、ドードー

 鳥の博物館3階「起源と進化」のフロアに「絶滅に追いやられた鳥たち」、をテーマに復元模型の「ドードー」を展示いたしました。ドードーは、マダガスカル島沖にあるモーリシャス島に、1600年代まで生息していた飛べない鳥です。警戒心がなく飛べないことから、人は食料として乱獲し、あっという間に絶滅に追い込んでしまいました。完全な剥製は残っておらず、頭と、足がイギリスの博物館に保管されているのみです。1600年当時描かれた絵画などから羽の色を想定し、ダチョウ、ニワトリなどの羽を使って、復元模型を作成しました。ぜひ、ドードーを見に鳥の博物館へいらして下さい。

 

Top

世界の鳥コーナー

 上野動物園で飼育されていたオウサマペンギンの親子の標本を、3階世界の鳥コーナーに展示しました。ぜひご覧ください。 このオウサマペンギンは、1991年にチリ共和国から上野動物園へやって来た個体です。卵を産んで、ヒナが孵化して間もなく2007年9月20日に死亡しました。

 

上野動物園のご厚意で鳥の博物館へ寄贈していただき、剥製を作製しました。

世界の鳥コーナー

 3階「世界の鳥コーナー」に新たにカンムリサケビドリ標本資料を展示しました。世界の鳥コーナーでは現存する鳥の中から最低でも1科につき1種類を実物標本で展示することを目指していますが、サケビドリ科の標本は収集できず、これまで写真パネルで紹介していました。このたび本物のカンムリサケビドリの標本資料を展示できることとなりましたので、ぜひご覧ください。

カンムリサケビドリは、カモ目サケビドリ科に属します。サケビドリ科の仲間は世界に3種類しかおらず、いずれも南アメリカに生息しています。その名の通り、鳴き声は大きく、周囲1.5km四方に響きわたります。