人と鳥の共存をめざして
Harmony among Birds and People!
人と鳥の共存をめざして (Harmony among Birds and People!)をテーマに、わが国初めての鳥だけを扱った博物館として、平成2年5月22日に開館しました。博物館では、身近な自然の代表である手賀沼と鳥の関係を紹介したコーナー、「鳥とはいったいどんな動物なのか?」というテーマから鳥を科学的に展示したコーナー、人と鳥が今後どう共存していったらよいかを考えるコーナーなど、地域の自然保護から地球の環境問題まで踏み込んだ展示をめざしています。この博物館の設置によって、市民や21世紀を担う子どもたちに、鳥への愛と理解が深まり、自然環境のなかで人と鳥の共存が後々まで続くように、さらには我孫子市のシンボルである、自然保護・緑の創造と市民意識の高揚を願っております。
我孫子市の鳥 オオバン
オオバンをクリックしてみて下さいオオバンについて詳しい情報がわかります。