52企画展「日本の鳥展」

ここが見どころ「「魚」をおさえる鉤(かぎ)と槍(やり)」

 魚を捕らえて食べる鳥のくちばしは、鉤状にするどく曲がっているか、槍状にするどくとがっているか、いずれかの工夫が見られます。
 すべりやすい魚を確実に捕らえるために行き着いた、共通の構造です。
 

鳥の博物館