52企画展「日本の鳥展」

ここが見どころ「くちばしに現れた「つまみ」方のちがい」

骨の見どころ 骨格を動かして遊ぶ

  地上で餌をとるツグミとムクドリを比べてみると、ツグミは餌を見つけてから駆け寄りつまみとるのに対して、ムクドリは歩き回りながらくちばしを開き、草や地面をこじ開け、餌をつまみとります。このため、ムクドリでは、くちばしを開く筋肉が発達しています。また、下くちばしの中程から急角度で下向きに折れ曲がり、効果的に草をかき分けることができるようになっています。
  

鳥の博物館