52企画展「日本の鳥展」

 ここが見どころ「あしのつく位置さまざま」

 あしのつく位置さまざま−歩く鳥、泳ぐ鳥、潜る鳥−
 歩くのが得意なキジ、泳ぐのが得意なヒドリガモ、潜るのが得意なカイツブリ、ウミスズメ、それぞれのあしの位置と立ち姿を比べてみましょう。
 歩くのが得意な鳥ほど、体の重心近くにあしがのび、一方、潜るのが得意な鳥ほどあしの位置が後退するのが分かります。ふしょも短くなるため、立ち姿は、体を起こしたペンギン型になります。
  

鳥の博物館