52企画展「日本の鳥展」

ここが見どころ「潜水仕様の体を持つウミスズメの仲間」

骨の見どころ 骨格を動かして遊ぶ

 バンとオオバンは、同じクイナ科に属し、どちらも手賀沼で見ることができます。バンはおもにヨシ原内で生活することが多く、込み入ったヨシの間をすり抜けるのに適したスリムな体つきです。一方、オオバンは、泳ぐことが得意で、広い水面にもよく姿をあらわします。水面に安定して浮いていることができるように、幅広い体つきです。
   

鳥の博物館