49企画展「日本の鳥」

 12月8日(土) から平成20年3月30日(日)まで開催します.

          日本の自然と鳥  展示の様子    

タカの仲間(タカ科、ハヤブサ科)
小動物を食べる肉食の鳥の仲間で、猛禽類(もうきんるい)と呼ばれます。
 肉をひきさくかぎ状のくちばし、あばれる獲物をおさえこむするどい爪が特徴です。飛行も巧みです。

キジの仲間(ライチョウ科、キジ科)
よく発達したあしで歩き回り穀類などの餌をさがします。
 翼は短く、長距離飛行はできませんが、すばやく羽ばたき瞬時に飛び上がり、外敵から逃げることができます。

ツルの仲間(ミフウズラ科、ツル科、クイナ科、ノガン科)
大型から小型の鳥まで含むバリエーションの豊富な仲間です。ほとんどが水辺に近い湿地にすんでいますが、ミフウズラのように、乾燥した草地にすむ例外もいます。
 
  展示の様子      Home
  

鳥の博物館