49企画展「日本の鳥」

12月8日(土) から平成20年3月30日(日)まで開催します.

           日本の自然と鳥  展示の様子    

アビの仲間(アビ科)
潜水が得意な水鳥の仲間です。推進力を生むあしは、体の後方につき、大きな抵抗を受けずに水中を進むことができます。北極圏の淡水の湖沼で繁殖し、冬期海岸沿いに南下し、越冬します。

カイツブリの仲間(カイツブリ科)
アビの仲間と同様、潜水が得意な水鳥の仲間で、あしは、体の後方についています。足の指には一本一本に木の葉のような形の水かきがついています。水面に浮き巣を造り子育てします。

ミズナギドリの仲間(アホウドリ科、ミズナギドリ科、ウミツバメ科)
海洋を広く飛び回ってくらす海鳥の仲間です。高速で海上を飛び回ることに適した、細長い性能のよい翼を持っています。管状の鼻孔を持つのが、この仲間共通の特徴です。

ペリカンの仲間(ネッタイチョウ科、ペリカン科、カツオドリ科、ウ科、グンカンドリ科)
この仲間には、のどに大きな袋を持つペリカンや、ウ、カツオドリ、ネッタイチョウ、グンカンドリの仲間が含まれます。足の指4本全てが水かきでつながっているのが共通の特徴です。

コウノトリの仲間(サギ科、コウノトリ科、トキ科)
長いあしを使い、浅瀬を歩き回って魚などを捕ります。足指もよく発達し、ぬかるみに足を取らず歩くことができます。また後ろ指も発達していて、樹上での生活にも適応しています。

 
 展示の様子       Home
  

鳥の博物館