企画展「鶏民芸品展(とりみんげいひんてん)

 
2月1日(木) から5月13日(日)まで開催します.
鶏民芸品展 ー秋篠宮コレクションー

ニワトリってどんな鳥 その1−ヒトのパートナーとしてのニワトリ−

・ニワトリのはじまり

 東アジアにすむセキショクヤケイは、ヒトとの長い関わりあいの中でニワトリに生まれ変わりました。セキショクヤケイの持つ形態的、生態的多様性の中から、人間が欲しいと思う形質だけを選び交配をつづけさせた結果、同種とは思えぬほど形態的に変化に富んだニワトリが生まれたのです。

 ニワトリが出現した最古の証拠は、紀元前2,300年ころにインダス文明が栄えたモヘンジョ・ダロやハラッパーの遺跡から出土された印章、粘土像、骨などが有名ですが、近年、紀元前6,000年頃の中国の河北省と河南省からニワトリの骨が出土されたことから、ニワトリの起源はさらにさかのぼるようです。

 家禽化されたニワトリは、やがて西はイランを経て地中海沿岸諸国からヨーロッパへと広まって行き、東は、東南アジア、中国全土に広まりました。日本へは、中国、朝鮮半島あるいは東南アジアを経由して南方から、紀元前100〜200年前の弥生時代に稲作とともに入ったと考えられています。【もっと】

  次へ Home
   

鳥の博物館