The Birds of America.

John James Audubon

☆イヌワシ   ☆コアジサシ
イヌワシ                              オーイヌワシは、北半球の山地に広く分布している大型のワシです。オーデュボンは、キツネ罠にかかったイヌワシを猟師から買いとって描きました。この絵を描くにあたって、オーデュボンは大変な集中力を発揮し、14時間で仕上げ、その後寝込んでしまったほどです。
 このイヌワシがあまりにりっぱな鳥だったため、オーデュボンは標本にすることをためらいましたが、結局さんざん苦労して、とどめをさしました。
 オーデュボンは、ハドソン地域の高地で、8年間イヌワシの生態を観察しています。

コアジサシ                         オーデュボンは、この鳥をサウスカロライナ州のチャールストン付近の森の中の池で観察しています。
 背景は、オーデュボンの助手で風景画が得意なジョージ・レーマンによって描かれたと考えられています。ほかのシギ類同様、この種も、アメリカ大陸を、時計回りの巡回コースをたどって渡ります。大西洋の海岸沿いに南下し、雪解けの早い内陸沿いを北上します。