第38回企画展
鳥と木の実
〜種子散布者としての野鳥〜

期間:平成15年10月4日(土)〜平成16年2月1日(日)

ポスターを見る

リーフレットを見る




 私たち人間を含めた生物は他のさまざまな生物と関わりながら現在まで進化してきました。たとえばアメリカにいるハチドリは花の蜜を飲むためにくちばしは長く細く変化させ、植物は蜜だけを取られないように花の形を変えハチドリに受粉させようとします。このように異種間でお互いが関わり合いながら進化することを共進化といいます。鳥と木の実もお互いにかかわりながら共進化してきました。今回の企画展では鳥と木の実の共進化について鳥、植物、それぞれの視点から展示をしています。いつもとちがう視点で鳥と木の実を見てみましょう。

展示室の様子

野鳥による種子散布

野鳥の食卓

植物の戦略

トピックス



ぜひおこしください。お待ちしております。(^-^)/

HOME へ戻る

Copyright(C) 2001.Abiko City Meuseum of Birds. All rights reserved.